menu

Gallery 125 -グラフィックデザインとパッケージ作成

グラフィックデザインとパッケージ作成

▼ 目次

世の中のパッケージはほとんどがグラフィックデザインでできている

スーパーやショッピングモールへ行くといろいろな商品が陳列されていますが、それらのパッケージのほとんどがグラフィックデザインによってできており、今やグラフィックデザインを使っていないもののほうがめずらしいと言われています。
それ以外にも世の中にはいたるところでグラフィックデザインが使われており、私たちの生活の中に根付いているテクノロジーとして今後もさらに発展・普及していくことは間違いありません。

グラフィックデザインが使われているものと言えば商品のパッケージ以外にも宣伝用のポスターやポップ、パンフレットなどもあればファッション雑誌や週刊誌、漫画雑誌などの雑誌類、ほかにも企業やお店のロゴなど様々なものがあげられます。
気付かないうちにグラフィックデザインが使われているものを手にしていることもありますし、どういったものがグラフィックデザインなのか知らなくても自然と生活に馴染んているのです。
それではグラフィックデザインを駆使することにどんなメリットがあるのか、次はその辺りに言及していきたいと思います。

グラフィックデザインを利用するメリット

グラフィックデザインがあらゆるところで使われていることを先ほど言いましたが、なぜこれほどまでに大きく普及しているのかと言うと、その理由はいくつかあります。
まずひとつめはヴィジュアルを通して伝えることによって、受け手がより分かりやすくなり、商品などを購入するときの決め手になるからです。

たとえば同じ商品を販売するにしても最初は中身が分からない状態ですから、どのようなものが入っているのか誰もが気になると思います。
もしグラフィックデザインを使わない場合は文字や言葉、あるいは手書きの絵で伝えていかなければなりませんので、イメージすることはできても具体的にできるわけではないでしょう。
グラフィックデザインを使った場合は写真などを取り入れて伝えられるので、実際にどんなものなのか色や質感などもリアルに伝わりますので、購買意欲も増します。
さらに商品に対して安心感と信頼感を与えられるので、当然購入する人の数が増えますから、売り上げもアップします。
このようにグラフィックデザインを利用することで消費者に対してリアルな情報を提供することができますから、ただどのようなものかを伝えるだけでなく、提供する側に対しての信頼も植え付けらるのです。

人は一瞬の判断で決めていることが意外と多い

先ほどグラフィックデザインによるメリットを伝えましたが、商品を購入するにあたってひとつの大きな特徴があり、それは「人は商品を購入するときに一瞬の判断で決めている」という点です。
一瞬の判断というのはつまり商品を見かけて、手に取ってみるところまでで、パッケージを見た時点で買うか買わないかを決めている人は結構多いのです。
もちろん予算の関係や成分のチェックをしてから判断する人もたくさんいますが、まず手に取ってみようと思うのはパッケージのデザイン性が大きく関係しています。
ですからより魅力的なパッケージをしている商品であれば、手に取ってもらえる可能性も高まりますので、それが結果的に売り上げアップにも繋がります。

このようなことは文字や言葉だけでは決して伝えられない部分ですから、グラフィックデザインが大いに貢献していると言っていいでしょう。
ただしデザインのセンスが問われるので、どのグラフィックデザイナーに依頼してパッケージを作成するかが非常に重要になってきますし、そこの選択を誤ってしまうとかえってマイナスイメージを与える可能性もありますから、十分に情報収集しておく必要があります。

どんなグラフィックデザイナーに依頼するのがベストか

それではいざグラフィックデザイナーにパッケージのデザインを依頼する場合、どんな人に依頼するのがベストかと言うと、まずは商品パッケージの作成を経験していることです。
これはパッケージ制作に限った話ではありませんが、同じ分野で働いていてもそれまで経験したことがあるかないかでまったくセンスも変わってきます。
経験している人はそれを基にしたノウハウを備えているので、当然スムーズな作成が可能になりますし、経験があまりない場合はまず情報収集からしなければなりませんから時間もかかってしまいます。

また、お互いのコミュニケーションがうまく取れているかどうかも重要なポイントになってくるので、依頼する際にはお互いに人間性が合うもの同士のほうがうまくいきやすいです。
最近ではメールなどでやりとりして決めているところもあるみたいですが、細かい部分はやはり直接コミュニケーションを取って決めなければできないところもありますから、そういった意味でコミュニケーションが取りやすい関係になっておくことは意味があるのではないでしょうか?